“皮ごと食べられる“オーガニックバナナ「やっちろバナナ」が販売開始!

株式会社熊本青果物出荷組合は、熊本県八代地域で栽培された、国産・無農薬で“皮ごと食べられる”オーガニックバナナ「やっちろバナナ」を11月14日(月)より販売開始!

「やっちろバナナ」が生産される八代市は、もともと畳に使う「いぐさ」の生産で栄えていた地域で、近年ではその需要も伸び悩む中、熊本青果出荷組合はトマトを中心とする青果物の生産に注力し、全国の販売店や飲食店への提供をしていたところ、新型コロナウィルス拡大の影響で飲食店などでの青果物の消費需要が減少。売り上げや販売単価が落ち込む中、日本ではほとんどを輸入に頼っているバナナの国産化を目指し、地元地域の新たな名産品とすべく取り組みを開始しました。

その「やっちろバナナ」は、徹底した温度管理と丁寧な手作業により、寒い日本でも育つことができる安心の国産オーガニックバナナです。八代の汐風に育まれ完全無農薬で大切に丁寧に育てているため皮まで食べられ、栄養満点で身体にも環境にも優しく作られています。
また無農薬栽培ならではの悩み「害虫」はすべて手作業で取り除くことで対策をしており、最新技術に加え「人の手」によって手厚く管理されていることも特徴の一つなのです!
バナナの品種は、一般的なバナナとは異なる「グロスミッシェル種」という品種で、香りと糖度が高く、ねっとりとした食感で、皮がとても薄いという特徴もあるため、皮まで安心して食べることができます。
さらに「やっちろバナナ」がこだわった点は、通常は透明なビニール等に包まれているパッケージを、SDGsの観点から、 土に還るプラスチックフリー素材を採用したパッケージにしたこと。バナナの個別包装では透け感のあるグラシン紙を使用することで追熟の様子がわかり、食べ頃を見逃さない工夫がされています。
なお、今回新販売を記念して通常レギュラー5本セット3,300円の所を、特別価格2,750円にて提供!こちらは、第一次出荷分が終了までの特別価格にて販売となるので、ぜひこの機会にお安く「やっちろバナナ」を堪能してみては?

■商品概要
名称:「やっちろバナナ」
販売開始日:2022年11月14日(月)
販売価格:2,750円(レギュラー5 本セット)※第一次出荷分完売次第、通常価格3,300円になります。
販売元:株式会社熊本青果物出荷組合(熊本県八代市沖町3523番地)
購入方法:オンラインストアにて販売
オンラインストア:https://kuma-sei.net
公式サイト:https://yacchirobanana.com
※収穫量が限られているため初回収穫分を「テスト販売」という形で販売します。

■熊本青果物出荷組合 代表取締役 古川智康さんからのコメント

バナナは現状WEBサイトのみでの販売を予定しています。将来的には熊本県・八代市の新たな名物として、地域各地での販売提供や、「やっちろバナナ」を使用した料理を食べられる機会を広げていきたいと考えています。熊本・八代の新たな名産品を増やすべく、純国産のバナナをはじめ、コーヒーやパパイヤの栽培にも取り組んでいきます。
また今回の新発売に伴い、銀座の名店「LA BETTOLA da Ochiai(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ)」の落合 務シェフが「やっちろバナナ」アンバサダーに就任し、自らが考案する新商品開発プロジェクトもスタートしました。現在「やっちろバナナ」を使用した新商品を考案中とのことなので、今後に期待です!

■落合シェフについて

店名 ラ・ベットラ・ダ・オチアイ 肩書 オーナーシェフ
落合 務(おちあい つとむ)
1947年 東京都出身 19歳ニューオータニ入社、22歳「トップス」に入社後、約3年イタリアで料理修業後、1982年イタリア料理店「グラナータ」の料理長に就任。
1997年 ラ・べットラを開店。
2005年5月 『イタリア連帯の星』勲章、カヴァリエーレ章受章。
2009年日本イタリア料理協会会長に就任、2013年『現代の名工』を受賞。
2020年春、黄綬褒章を受章。現・日本イタリア料理協会名誉会長。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です