未利用資源や副産物を活用した“サステナブルコスメ” 「パーフェクション HP1(エイチピーワン)」が新発売

株式会社フォーシーズHD傘下の化粧品ブランド「ファインビジュアル」が、植物オイルと美容成分をバランスよく配合した2層式の顔用の美容液「パーフェクション HP1(エイチピーワン)」を2022年3月1日(火)から春季限定で新発売します。販売は、当社ECサイト「フェヴリナ」で行ないます。

新商品は、日本酒やワインの製造過程で生まれる副産物や、摘果により廃棄される未利用資源から抽出したエキスを美容成分として配合。最大の特徴は、「油分(オイル)」と「水分(美容液)」を同時に肌に与える点。3種の植物オイルと17種の美容成分を配合しています。オイルは肌の外側を、美容液は内側をケアするのでしっとりとした状態を長時間持続させます。本商品は、化粧水の後に使用します。使用直前に容器を数回振り、オイル層と美容液層をよく混ぜてから、4~5滴を手のひらに取り、全顔に塗布します。朝晩の使用がオススメです。

アップサイクルに着目!4つの廃棄食材を使用
新商品には、日本酒製造に伴う副産物である「酒粕(かす)」や摘果された「若桃」といった未利用資源4つから抽出した4種の保湿成分を配合。廃棄される食材を活用することで、環境に配慮した“サステナブルコスメ”として展開します。
日本酒の製造で出た酒粕と、和三盆糖を作る過程で出る「糖蜜(とうみつ)」を合わせた「和美乃盆盆(わみのぼんぼん)」は、アミノ酸やミネラル、ビタミンなどを豊富に含有した天然由来の成分です。肌を角質層までしっかりと潤わせます。さらに、白ワインの製造過程で発生した搾りかすから抽出した「ブドウ果実エキス」も配合しています。ヒトが本来持つ「体内時計」に着目した成分で、生活習慣やストレスなどで乱れた肌の働きを支え“美肌作り”をサポートします。
また、肌の弾力をサポートする成分として、和歌山県産のモモから抽出したエキスも加えています。余分な実を取り除く摘果作業によって出た未利用資源を有効活用します。

〈美容液層〉季節の変わり目や“マスク荒れ”に着目した成分を厳選

日本酒やモモ、ブドウ由来の成分を含め、美容液層には14種類もの美容成分を配合しています。ポイントは、含有成分が豊富なことで知られる人気の美容成分「プラセンタ」を2種も贅沢に使用している点です。配合しているのは、北海道のサラブレッド由来の「馬プラセンタエキス」と、同エキスを酵母と黒糖で熟成・発酵させた「発酵熟成プラセンタエキス」。肌のキメの乱れによるくすみやハリ不足などをケアし、みずみずしい状態に整えます。また、「乾燥」や「キメの乱れ」「ごわつき」といった肌悩みのケアをサポートする「ソメイヨシノ葉エキス」や「イザヨイバラエキス」などの植物由来の保湿成分を加えています。肌が敏感になりやすい季節の変わり目や、マスクを長時間着用することで起こる肌荒れを防ぎます。

<オイル層>肌なじみの良いオイルを使用、軽いテクスチャーでベタつきゼロ

肌になじみやすい性質を持つ「メドウフォーム油」とサトウキビ由来の「スクワラン」、希少性が高い「アルガンオイル」の3つの植物オイルをブレンドして保湿成分として配合。また、保湿成分である「セラミド」も3種類加えています。サラッとしたテクスチャーで、オイル特有のベタつきがないのが嬉しいポイントです。質のいいオイルを肌に補給することで、肌内部の油分バランスを整えます。

また“5つの無添加”にこだわっているのも特長。鉱物油、香料、着色料、パラベン、石油系界面活性剤不使用の肌のことを考えた処方なので、毎日のスキンケアに使用してみてはいかが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。