FOD オリジナルドラマ「憑きそい」公開記念! 全話先行試写会レポート “極度の怖がり”山田真帆が怪談マニア・島田秀平のガチトークに震える




フジテレビが運営する動画配信サービスFODで、7月28日より第1話から第3話までの配信がスタートしたFODオリジナルホラードラマ『憑きそい』。その公開を記念した全話先行試写会が8月3日に東京・日本橋のTOHO シネマズ日本橋で開催されました。試写会に先立って行われたトークセッションには、本作で主演を務める山田真歩さんとスペシャルゲストの島田秀平さん、大島てるさんらが登場。撮影中の裏話や怖〜いエピソードが披露され、暑い夏にひんやりとした風を吹き込みました。

「インスタ最恐」と恐れられた人気漫画をもとにした全9話の怪談ドラマ

7月28日よりFODにて配信が始まった『憑きそい』(つきそい)は、イラストレーター兼占い師である山森めぐみさんの同名漫画に着想を得た全9話のホラードラマです。山森さんが自らの体験をもとにInstagramに投稿した漫画は「インスタ最恐」と話題を呼び、扶桑社から出版された書籍版も大ヒットに。ドラマでは、山田真歩さん演じる主人公・山川めぐみの周りの人々に起こる心霊体験をもとに、日常の一コマの中にある身近な恐怖をリアリティたっぷりに体感できるストーリーが描かれています。最終話の第9話を除き、1話約12〜17分とショートドラマ形式で展開されているのも本作の特徴です。
この日は、最初に曽根隼人、山口龍太朗両監督が登壇し、観衆を前に挨拶。全話のうち5つのエピソードを担当した曽根監督は「短い尺の中でしっかりと怖がっていただける、タイムパフォーマンスのいいホラーができたと思います」とコメント。一方で、本作のプロデューサーも兼ね、2つエピソードを担当した山口監督は「このような大きなスクリーンでお披露目できることを嬉しく思っています。今回は日常に潜む不安や心配の感情をどれだけ引き出せるかを考えて最強のホラーを作らせていただきました」と述べました。

続いて、第1話「黒い服の人」が上映され、あまりの恐怖に会場の空気が凍ったところで主演の山田真歩さんが登場。さらに主人公の学生時代を演じた円井わんさん、子供時代を演じた櫛田遥流さんも登壇し、3名と曽根、山口両監督によるトークセッションが行われました。

「今日はすごい背筋が凍るようなものを見ていただくと思うので、ちょうどいい体温で帰れると思います」と初めに挨拶した山田さんは、司会からホラー作品とのつながりを尋ねられて「私は日本でも5本の指に入るくらいホラーが苦手です」と意外な(⁉︎)一面をカミングアウト。

今までホラー映画をほとんど見たことがなく、今回のために参考で渡されたビデオも「3メートル以上離れて見た」という怖がりの一面を披露した山田さん。さらに「幽霊を演じられる方たちが本当にリアルで、幽霊が出てくるシーンは泣いてました」という撮影中の裏話も語られ、「あんな体験はもう二度としたくない」と本音を述べて会場の笑いを誘いました。

一方で、撮影中に起こったホラーな出来事に話題が及ぶと、山口監督から「第6話の撮影をしている時に、モニタリング用のヘッドホンから、そこにはいない赤ちゃんの声が聴こえた」というエピソードが…。今日まで知らなかった衝撃の事実に出演者の3人も驚きの表情を見せていました。

怖い話の宝庫、島田秀平&大島てるが会場を恐怖で包む

後半のトークセッションには、タレントで怪談マニアの島田秀平さんと、事故物件公示サイトを運営する大島てるさんがスペシャルゲストとして登場。

事前に本作の全話を観た二人は「『憑きそい』の中には怪談が持つさまざまな怖さが随所に散りばめられています。怪談好き、ホラー好きの方こそ本当に楽しめる作品です」(島田さん)、「トイレのシーンが多く、お手洗いというのは密室だけに実際に事件事故が起きやすいところなので、リアル感がありました」(大島さん)とそれぞれの感想をコメント。たくさんの恐怖エピソードを持つ両者の登場でトークはさらにひんやりとする方向へ。
島田さんが霊感の強い人に多い手相を紹介すれば、円井さんは地方ロケで訪れた雑居ビルで、櫛田さんは小学校の古いトイレで遭ったという不思議な体験を語って盛り上がる中、曽根監督から島田さんに「『憑きそい』第1話のような電車にまつわるエピソードはありますか?」というリクエストが。

「電車系の怪談はかなり多いんですよ…」と言い、訥々と語り始めた島田さん。すると、ステージの照明が薄暗く一転し、さらにはおどろおどろしいBGMまで流れ始め、すっかり会場は怪談ショーのムードに。

首都圏の某路線で実際にあったという怪談を臨場感たっぷりに語る島田さんを前に、徐々に後退りを始める『憑きそい』組の一同。そして円井さんの後ろに隠れてしまう怖がりの山田さん…。
その後は、大島さんからも事件事故にまつわる怖いエピソードが語られ、試写が始まる前から会場は背筋の凍る現場になっていました。
FOD オリジナルドラマ『憑きそい』は、現在、第3話まで動画配信サービスFODで配信中。以降、第4話から第6話は8月4日(金)、第7話から第9話は8月11日(金)に公開予定となっている。また、8月16日(水)からはフジテレビにて地上波放送も決定(関東ローカル)。SNSで絶叫を呼んだ恐怖のストーリーをスマホでテレビで、好きな形で楽しもう。


■FOD オリジナルドラマ「憑きそい」概要
・タイトル :「憑きそい」(全9話)
・配信 : 2023 年7月 28 日(金)0時 *第1〜3話配信開始予定(第1話無料)
※配信日時は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
・出演 :山田真歩 山崎樹範 円井わん 大水洋介(ラバーガール) 深尾あむ ほか
・原作 :「憑きそい」山森めぐみ著(扶桑社刊)
・スタッフ : <脚本>藤本匡太(solo) 川原杏奈
<監督>曽根隼人(BABEL LABEL) 山口龍大朗(エクション) 坂部敬史(DREAMFLY) 小山巧(THREE CHORDS)
<プロデュース>下川猛(フジテレビ)
<プロデューサー>渡邉直哉(パロマプロモーション) 柳井宏輝(パロマプロモーション) 井上博貴
山口龍大朗(エクション) ・制作プロダクション : パロマプロモーション
・制作著作 :フジテレビジョン
https://www.fujitv.co.jp/tsukisoi/(公式サイト)
https://fod.fujitv.co.jp /title /b0eg(配信ページ)

【あらすじ】
霊感が強い主人公のめぐみ(山田真歩)は趣味の占いをきっかけに様々な人々と出会い、恐怖体験に巻き込まれていく。 ある日めぐみは駅のホームで笑う男と共に線路に飛び込む人を見てしまった。その瞬間の男の笑顔が頭から離れない。丘の上に立つその家はいわくつきの物件だった。子供の頃から怖かった実家、その階段から何か気配が。蛇に取り憑かれた女子高生。消えた恋人はどこへ? 彼氏の母親が怖すぎる。 思わず悲鳴を上げてしまう最恐のホラー体験を。