ローカルの魅⼒を発信︕⼤丸・松坂屋が WEB マガジン「Think LOCAL」をリリース!

コロナ禍を通じて、改めて注⽬されている“地⽅移住”や“お取り寄せ”といった「ローカルの魅⼒」。⽇本各地に店舗を構え、そのまちに暮らす⼈々の課題を応援するプロジェクト「Think LOCAL」を実施している⼤丸・松坂屋が、ローカルの魅⼒を⼈やモノにフォーカスして発信する WEB マガジンをリリースしました。ローカルで活躍する「⼈」や、ローカル発で⻑く愛されている「モノ」にフィーチャーしたコンテンツが順次公開されます︕
「Think LOCAL マガジン」
URL:https://think-local.dmdepart.jp/

ローカル愛を語るインタビュー連載「STORY」

インタビュー連載「STORY」では、⽣産者や職⼈などローカルで活躍する⼈にインタビューを実施し、各地域の魅⼒を発信。まず公開されたのは、⾼知県に移住した映画監督・安藤桃⼦さんへのインタビュー。映画監督としての⾃分、⺟としての⾃分、⼀⼈の⼈間としての⾃分。さまざまな顔を持つ中で、安藤さんは「⾃分らしく表現できる場所が⾼知だ」と話します。⽇本各地の⼈々がローカル愛を語る、旅⾏だけでは知り得ない、その⼟地の奥深い魅⼒に触れられる読み物コンテンツです。

ストーリーテリングで商品の魅⼒がわかりやすい「BUY NOW!」

⼤丸・松坂屋で取り扱う商品の魅⼒がストーリー仕⽴てに紹介される「BUY NOW!」。初回は、京都の⽼舗和菓⼦店・⻲屋良⻑の「スライスようかん」が特集され、伝統を守りながらも新しいかたちの和菓⼦を開発するきっかけや裏側に迫っています。商品がもつ背景を知ったうえで、気になった商品をその場ですぐに購⼊できるのは魅⼒的ですね︕

プロジェクト担当者が語る今後の展望
ローカルの魅⼒を発信するための様々なコンテンツを展開する「Think LOCAL マガジン」。そのプロジェクト担当である⼤丸松坂屋百貨店の永井滋⽒は⽴ち上げの背景について、「(Think LOCAL の活動をする中で)もっと旬な情報や異なるタームでの活動をより多くの皆様にタイムリーに届けたい︕という想いから、メディアというプラットフォームを⽴ち上げたいという発想が⽣まれました」と語ります。
そして今後については「今はデジタルで繋がって、いつでもどこでも、時間や距離の制限を超えていける。だからこそ WEB マガジンは、現場で⽣まれる熱量や質感のようなものまでをも届けていきたいと思います。真の『体験』は現地に⾏ったり直接会うことでしか得られませんが、⼈やモノの表⾯だけでなく特に裏側を描くことで、五感に触れる、まさに『体験』に近い感覚を楽しんでいただきたいです」と WEB マガジンにかける熱い思いを語りました。

星野リゾートが当たるキャンペーンも︕

Think LOCAL 公式インスタグラムで「#この夏の思い出をシェア」投稿キャンペーンが開催︕この夏の思い出を投稿すると抽選で星野リゾート リゾナーレ那須 ペア宿泊券が当たります。⽇本のどこにいてもローカルの魅⼒に触れられる「Think LOCAL」の WEB マガジンを使って、気になるまちを旅してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です