土屋鞄製造所、新作ランドセルを発売!人気ブランド「ミナ ペルホネン」とのコラボも初登場

工房系ランドセルメーカーの老舗、土屋鞄製造所が2023年度入学の小学生向けのランドセル全63製品を2022年3月2日(水)から発売する。全国10都府県にある直営店など16店舗(直営13店、提携3店)と自社ECサイトにて販売予定。また出張店舗も展開し、3月13日(日)から順次、29都道県31会場(延べ計42日間)で開催する。

製品は、全9シリーズ63種を用意し、カラーは約50色を揃える。「女の子は赤、男の子は黒」という固定観念がなくなっている昨今のランドセル市場において、過去最多級の種類と色を取り揃え、「好みの多様化」に対応する。 種類は、性別にとらわれない色味と型にこだわった“ジェンダーレス・ランドセル”の新作や、素材の見直しで100グラムの軽量化を実現したシリーズ、人気ブランド「ミナ ペルホネン」とコラボした製品など、多彩なラインアップ。価格帯は幅広く、税込64,000円台の人工皮革を使用した製品から、同140,000円の最高級コードバンモデルまでを用意する。

人気ブランド「ミナ ペルホネン」とのコラボ初登場

土屋鞄とアーティストが一緒につくるランドセルの「アトリエ」シリーズにおいて、ミナ ペルホネンが特別に描き下ろした3つの絵柄を採用したコラボランドセルを3柄各3色の全9種類(84,000円)を展開。 「絵から広がる豊かな世界を、自由な感性と想像力で物語のように楽しんでほしい」と、空想の動物や花々などをモチーフにした絵が、ランドセルの内装に広がる。ファスナーの引き手には柄に合ったチャームをデザイン、ポケット部分には、柄を用いたネームタグがついており、「アトリエ」シリーズならではの仕様となっている。

自宅で試着!「レンタルランドセル」実施、コロナ禍の「ラン活」をサポート

店舗で長時間滞在を避けたいというコロナ禍の消費者ニーズに対応するため、背負い心地や使い勝手などを自宅で試せる、2泊3日の有料のレンタルサービス「レンタルランドセル」(税込3,000円、送料・返送料無料)の提供を、ランドセルの発売日(3/2)に合わせて開始する。レンタル対象製品は、全商品63種で自社ECサイト上にて利用者を受け付ける。またLINEの相談窓口「LINEでスタッフ相談」などでもサポートに応じ、コロナ禍でも満足いく「ラン活」をしていただけるよう十分な体制を整えるとのこと。

今年の「ラン活」は土屋鞄製造所をフル活用してみはいかが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。